江戸東京博物館でオリジナルアプリ「ハイパー江戸博」をリリース

アプリイメージ画像

国内初となる博物館とゲーム制作会社が共同開発した、ゲームエンジン搭載の体験型アプリ「ハイパー江戸博」。
にぎわう江戸の街を散策して、いまにつながる知恵をみつけよう!

東京都江戸東京博物館(東京都墨田区)は、収蔵品の新たな鑑賞体験を提供するスマートフォンアプリ「ハイパー江戸博」を2022年4月22日にリリースしました。

テーマは「江戸をさがす・みつける・あつめる」。ユーザーは、江戸時代の長屋に住む「えどはくん」として、100点の収蔵品(アイテム)を集めながら、隅田川の川開きでにぎわう両国橋周辺を散策します。

本アプリは、江戸東京博物館とゲーム会社が共同で開発したゲームエンジンを本格利用した国内初の体験型アプリです。
常設展示室の模型から3DCGで江戸を再現したバーチャル空間で、今後メタバースやVRへの展開も期待できます。

大規模改修工事を行うため江戸東京博物館は、全館休館(2022年4月から2025年度中 ※予定)しています。
2021年度からは東京都とともに取り組む「TOKYOスマート・カルチャー・プロジェクト」の一環として、本アプリの制作や約37万点の収蔵資料のデジタル化や、ドローン撮影映像、3Dや高精細によるデータ作成に取り組んでいます。

長期休館中もこうしたオンラインでの取組をバーチャル・ミュージアムとして展開し、江戸東京の暮らしや文化、歴史を学べるコンテンツを提供していきます!

★アプリについて詳細情報

  • プラットフォーム:iOS / Android
  • 配信開始日:
     2022年4月22日(iPhone)
     2022年6月末(Android)
  • アクセス方法:iPhone版
  • 料金:無料
  • コピーライト:
    ©The Edo-Tokyo Museum, Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture All rights reserved.
  • 企画:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団
       東京都江戸東京博物館

ダウンロード先QR

ダウンロード先QRコード
(iPhone版)