デジタルを活用した児童相談所業務の効率化プロジェクト【福祉保健局】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

デジタルを活用し、児童相談所業務の効率化を進め、質の向上を図る

  • 都と区市町村間での迅速な情報共有、業務効率化などによる児童相談所業務の質の向上を図るため、紙ベースで判定していた虐待のリスク評価チェックリストを電子化・アプリ化することで入力と情報共有を容易にします。また、過去データに基づき虐待リスクを判定し指標とすることで、保護や対応方針決定の際の参考とします。
  • 職員の経験の有無などに左右されない、より適切なリスク判断と対応方針の決定を支援していくため、児童相談記録の内容を分析し、児童相談対応に必要な情報項目を標準的に入力できる相談記録システムを開発します。
  • Wi-Fi環境の整備、会議資料の電子化、Web上での面接や相談、スマートフォン・テレビ会議システムの活用などデジタル活用により業務を効率化します。

プロジェクトの進捗状況とお知らせ

    プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

    皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

    トップ > 各局リーディング・プロジェクト > デジタルを活用した児童相談所業務の効率化プロジェクト【福祉保健局】