デジタルソリューション活用モデル@東京2020大会プロジェクト【オリンピック・パラリンピック準備局】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

東京2020大会に向けた通信インフラの整備や安全・安心な運営等をモデルとし、大会後に開催される大規模国際イベントをはじめ、社会全体でレガシーとして活用

  • ライブサイト(代々木公園会場内)に5Gインフラを仮設整備し、5Gの特徴(大容量・低遅延・同時多接続)を活かした会場の運営強化や来場者向けコンテンツを提供します。
  • 外国人観客等による情報検索や観戦体験等の発信等を可能とするため、大会競技施設及び周辺にWi-Fiや5Gアンテナを整備します。
  • 都市オペレーションセンター(COC)において情報の統括・判断・指示等が一元管理できるデジタルツールを活用します。
  • アプリ、翻訳端末による観客への多言語案内を東京2020組織委員会と連携して実施します。

プロジェクトの進捗状況とお知らせ

プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

トップ > 各局リーディング・プロジェクト > デジタルソリューション活用モデル@東京2020大会プロジェクト【オリンピック・パラリンピック準備局】