地域における再エネシェアリングモデル実践プロジェクト【環境局】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

地域の再エネを無駄なく活用するため、再エネの自家消費とともに地域全体でのエネルギーシェアリングを推進

  • 南大沢地区の一部において、太陽光発電、蓄電池や再エネ由来水素設備及びEV等を遠隔で最適制御するVPP※1の仕組みを活用して、地域の再エネを無駄なく活用するエネルギーシェアリングモデル事業を実施します。
  • 再エネ電力をEV等で活用し、地域住民や学生等が参加する再エネ利用ムーブメントを促進します。
  • 地域の実情に応じた平時のエネルギーマネジメントと災害時のレジリエンス確保を両立する再エネの貯蔵・利用のモデルを構築し、再エネの地産地消の実現に資する需給管理を実施します。
地域における再エネシェアリングモデル実践プロジェクト【環境局】のイメージ

※1 VPP:Virtual Power Plantの略で、仮想発電所。IoTやクラウドを活用し、あたかも1つの発電所のように、需要、発電、蓄電をまとめてコントロールする仕組み

※2 アグリゲーター:需要設備、発電設備、蓄電設備等のデータを分析し、最適な電力需給の調整を行う事業者


プロジェクトの進捗状況とお知らせ

プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

トップ > 各局リーディング・プロジェクト > 地域における再エネシェアリングモデル実践プロジェクト【環境局】