「スマート都税」プロジェクト【主税局】

[ 概要 / 新たな取組 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

税務行政のDXを推進し、都税事務所への来庁負担を軽減するとともに、内部事務を効率化

  • 都税のキャッシュレス化や各種証明申請の電子化、AIチャットボットサービスによる問合せ対応等、税務手続のデジタル化を推進し、パソコンやスマートフォンでの手続・相談を可能とするなど、来庁負担の軽減や納税者の利便性向上を図ります。
  • 固定資産GIS(地理情報システム)を構築するとともに地番図データを活用することで、内部事務の効率化を推進します。

主税局における新たな取組

都税NPS(ネット・プロモーター・スコア)の実施

 主税局では、都税に対する信頼度を数値化し、納税体験の評価・改善に活かしていくため、2021年11月1日(月曜日)から『都税NPS』を実施します。調査結果を定期的に集計することでNPSや満足度を把握し、業務改善指標として活用していきます。


プロジェクトの進捗状況とお知らせ

プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

トップ > 各局リーディング・プロジェクト > 「スマート都税」プロジェクト【主税局】