車両データを活用した地下鉄車内の混雑情報の提供プロジェクト【交通局】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

車両の混雑データを効率的に収集し、地下鉄車内の高精度の混雑情報を提供

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大により、密に対する意識が大きく変化し、混雑情報に対するニーズが高まっています。より精度の高い混雑情報をお客様に提供していくため、車両から収集する混雑データを活用し、都営交通アプリで、都営地下鉄全線における平日全列車の号車毎の混雑予測を新たに提供していきます。
  • 三田線において、車両更新に合わせて導入する車両情報収集システムを活用し、混雑データをはじめとする各種車両データを自動的に収集することで、データ収集作業を一層効率化していきます。

都営交通アプリのご紹介

「都営交通アプリ」では、都営地下鉄の各列車のリアルタイムの走行位置や運行状況、駅構内の情報など、利用する際に便利な情報を発信しているほか、東京さくらトラム(都電荒川線)や日暮里・舎人ライナー、都営バスの情報もご覧いただけます。お出かけの際にぜひご活用ください。


プロジェクトの進捗状況とお知らせ

プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

トップ > 各局リーディング・プロジェクト > 車両データを活用した地下鉄車内の混雑情報の提供プロジェクト【交通局】