地下鉄軌道管理のデジタル化プロジェクト【交通局】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

プロジェクトのイメージ

レール計測車の新規導入と保線管理システムの再構築により、地下鉄軌道の維持管理を高度化

  • レールの探傷検査や波状摩耗の計測など、複数の検査を1台で実施可能な「レール計測車」を新たに導入し、軌道点検の精度を向上させるとともに、レール破断など重大な運行障害の未然防止につなげていきます
  • 運用中の「保線管理システム」を再構築することにより、各種検査データをデジタル化するとともに、データベースとして体系的、一元的な管理を進めます

    ※画像は類似の保守用車両

プロジェクトの進捗状況とお知らせ

    プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

    皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます