有権者のメディア活用の変化に対応した選挙啓発プロジェクト【選挙管理委員会事務局】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

若年層を始めとした有権者の関心に対応する選挙時啓発のDXを推進

  • 選挙時における啓発については、これまでポスターや横断幕、広報紙等による周知をはじめ、インターネットの普及に伴うポータルサイトへの広告掲出、デジタルサイネージへの動画掲出など、より多くの有権者に届く手法を活用してきました。
  • 特に、投票率の低い傾向にある若年層に向けた啓発には、若年者の活用するメディアと受け入れられやすいコンテンツの活用が重要であり、若年層の関心や活用するメディア等を分析し、SNSやインターネットメディア等から適切な手法をタイムリーに選択することが有効です。
  • そこで、配信エリアや年齢層等をセグメント化したアプローチや、アクセス数やSNS上の反応等の効果検証を通じ、有権者の選挙への関心と投票意欲の向上に向けた一層効果的な啓発を展開していきます。

プロジェクトの進捗状況とお知らせ

プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

トップ > 各局リーディング・プロジェクト > 有権者のメディア活用の変化に対応した選挙啓発プロジェクト【選挙管理委員会事務局】