AIとビッグデータを活用した交通管制システムの高度化プロジェクト【警視庁】

[ 概要 / 進捗状況とお知らせ / ご意見・ご感想 ]

AIとビッグデータを活用して交通管制システムや信号制御の高度化を図り、交通の更なる円滑化を推進

  • 交通量や渋滞等の統計データ、現在の交通状況や気象情報などをAI技術を活用して分析し、管制センターの交通対策を支援します。
    さらに、AIによる予測精度の検証を踏まえ、将来的には、交通渋滞発生を予測した先回りの信号制御や調整を行うなど、交通渋滞の抑制につなげていきます
  • 交通状況の変化に応じた信号制御には、交通状況を把握するために車両感知器の整備が必要となりますが、民間プローブデータを活用することで、車両感知器が整備されない道路区間の交通状況把握が可能となります。AIを活用して民間プローブデータを分析することで信号制御を最適化し、交通の円滑化に寄与していきます

プロジェクトの進捗状況とお知らせ

    プロジェクトへのご意見・ご感想をお寄せください

    皆さんからのご意見、ご要望を聞きながら、都政のQOS(Quality of Service)を向上させていきます

    トップ > 各局リーディング・プロジェクト > AIとビッグデータを活用した交通管制システムの高度化プロジェクト【警視庁】