改革実践の進め方

改革実践のキーワード
~都政の新しいスタンダードへ~

本戦略に掲げるプロジェクトを「実践」していく中で、以下の5つのキーワードを「都政の新しいスタンダード」として、庁内に定着させていきます。

【スピード】

  • 社会や人々の価値観の急速な変化にも的確に対応するため、デジタルを駆使し、スピード感をもって課題解決につなげます。

【オープン】

  • 都庁の様々な資源をオープンにし、社会課題の解決に向けて民間企業や市民、区市町村など多様なプレーヤーと共創します。

【デザイン思考】

  • 顧客である都民・職員が何を求めるかを改革の起点とし、常にユーザー目線に基づく政策・サービスを創り上げます。

【アジャイル】

  • 環境やニーズの変化に大胆かつ弾力的に対応し、確認と改善のプロセスを絶えず繰り返します

【見える化】

  • 数値化できるものは指標を設定し公開するなど、改革の達成状況を可視化していきます。

改革実践の進め方①
~都民・職員との双方向でのコミュニケーション~

社会の変化のスピードが速く不確実性が増す中、都政のQOS向上というゴールに向けて着実に政策を進めるためには
「目指すゴールに対し、どの地点にいるのか現在地を正確に把握すること」
「刻一刻と変わる状況に応じて、アジャイルにルートを修正すること」が必要です。

そのために、
■ 都民の満足度(CS)や職員の意識(ES)などを定点観測することで、QOS向上のメルクマールとする
SNSやデジタル提案箱などを活用し、ユーザーである都民や職員のニーズを直接把握(デザイン思考)
改革の進捗状況をダッシュボード化するなど、定期的に現在の到達点を見える化
などの取組を進めることで、都民・職員との双方向でのコミュニケーションを図っていきます。


改革実践の進め方②
~民間、国、区市町村等との共創~

社会課題の解決に向けて、民間や国、区市町村など多様なプレイヤーとオープンに共創するために、
■ オープンデータオープンソースにより、市民、企業、大学、NPOなど多様な主体との協働を進めるとともに、民間の知恵を活かす規制緩和に取り組む
国が設置予定のデジタル庁の取組等と軌を一にし、連携を図るとともに、法改正や各種規制の見直しなど国による環境整備が必要な事項については随時提案要求を実施
区市町村における行政手続など、都と一体となった取組を進めるための連携を行い、技術的なサポート等を実施
などを進めていきます。

トップ > 都政の構造改革とは > 03 改革実践の進め方