2025年の到達目標

2025年にデジタルガバメント・都庁の基盤を構築する

「シン・トセイ」戦略では、改革の突破口となる「7つのコア・プロジェクト」と「各局リーディング・プロジェクト」を掲げ、2020~22年度までに短期集中で取り組む具体策を盛り込んでいます。

これらの取組を一気呵成に進めることで、2025年を目途に「デジタルガバメント・都庁」の基盤を構築します。


到達目標(1) 都庁のデジタルシフト

【行政手続をデジタル化】

  • 主要169手続(許認可等の98%)のデジタル化を実現
  • スマートフォン申請の拡大

【5つのレスを推進】

  • ペーパーレスによる業務遂行が定着
  • FAXレス実現済
  • はんこレスによる電子決定率100%、デジタル化による押印廃止完了
  • 全都立施設のキャッシュレス化を完了
  • タッチレス(非接触、非対面)の行政サービスの浸透

到達目標(2) オープンガバメント

【オープンデータの徹底活用】

  • オープンデータを都庁全体へ浸透
  • オープンデータの活用により、民間企業等が新たなサービスを創出

【スタートアップ・シビックテックとの協働】

  • スタートアップ・シビックテックと東京都の強固な協働スタイルの構築
  • 協働のムーブメントを官民双方へ浸透

到達目標(3) ワークスタイル・イノベーション

【未来型オフィスへの転換】

  • オフィス環境の整備により生まれた新たな働き方を全職場へ浸透
  • システム基盤の更新によるクラウド化(SaaS利用)を全面展開

【内部事務改革】

  • 総務事務センターによる給与・旅費等事務の集約を完了
  • 契約・支出関連事務の一連のデータを連携させるシステムを構築

【組織・人材マネジメントの変革】

  • デジタルサービス局の体制を拡充、デジタル人材を確保育成
  • DX推進体制の構築を梃子(てこ)として組織・人材マネジメントを変革

到達目標(4) 新しい都政のスタンダードを都庁全体に浸透

各局リーディング・プロジェクトの推進を通じて、各局事業のサービス提供のあり方や、仕事の進め方そのものの構造改革を進めることで、「新しい都政のスタンダード」を都庁全体に浸透

  • 先端技術の社会実装
  • 防災対策のDX
  • 「伝える広報」から「伝わる広報」への転換
  • 行政手続、行政相談など都民サービスの利便性向上
  • 内部事務等の効率化・省力化

トップ > 都政の構造改革とは > 04 2025年の到達目標