進捗状況(2021年4~6月):地域における再エネシェアリングモデル実践プロジェクト【環境局】


進捗状況(2021年4~6月)

地域における再エネシェアリング

〇 実施事業者の決定など

本事業を実施する事業者(以下「実施事業者」という。)を公募し、5月18日に以下のとおり実施事業者を決定しました。また、実施事業者や実施場所の所管者合同での打合せを実施しました。

1 実施事業者

TNクロス株式会社

2 主な事業内容
  • 実施場所への太陽光発電、蓄電池、再エネ由来水素設備、EV等の設備設置
  • 設置設備を活用し、再エネ電力を無駄なく地域で利用するための再エネシェアリングのモデル実施。平常時及び非常時の最適活用パターンのシミュレーション
  • 再エネシェアリング効果の見える化コンテンツ作成、都民参加型再エネ体験の提供など、本事業の理解促進のための広報を展開
再エネシェアリングのモデル図

※アグリゲーター:需要設備、発電設備、蓄電設備等のデータを分析し、最適な電力需給の調整を行う事業者

3 実施場所

東京都立大学、多摩ニュータウン開発センター施設、八王子市施設、東京都住宅供給公社賃貸住宅

今後の取組(2021年7~9月)

〇 設備設置等に向けた準備

令和3年度末の各設備の設置完了を目指し、設備設置のための現地調査等を進めていきます。併せて、実施事業者など関係者と協議しながら、事業内容について詳細を固めていきます。