進捗状況(2021年10~12月):地域における再エネシェアリングモデル実践プロジェクト【環境局】

画像

進捗状況(2021年10~12月)

地域における再エネシェアリング

〇 設置機器の選定、設備設置工事開始

 本事業を実施する事業者(以下「実施事業者」という。)や実施場所の所管者と現地調査や調整を踏まえ、設置機器を選定しました。機器の選定にあたっては、太陽光発電設備を設置する既存施設への影響を考慮し、耐荷重の確認や漏水防止対策などの検討を丁寧に行いました。

 あわせて、施設利用者が少ない曜日に工事を実施するなど、安全性を確保した施設別の詳細なスケジュールを固め、順次工事を開始しています。

〇 特設サイト開設

 2021年11月に本事業の実施内容等を周知するための特設サイトを開設し、設備設置予定個所のマップや設置設備の説明、東京都や事業者等のコメント等を掲載しました。

 特設サイトはこちら https://re-sharing.jp/

特設サイトのトップページ
画像
特設サイトに掲載の設備設置予定個所マップ

今後の取組(2022年1~3月)

〇 設備設置完了に向けた工事など

 2021年度末の各設備の設置完了を目指し、実施事業者など関係者と協議しながら工事を進めていきます。また、事業内容について、引き続き詳細を固めていきます。

 普及啓発

 今後も、特設サイトへの掲載内容の充実を図り、都民の方にわかりやすい情報発信を行っていきます。