5Gなど先端技術を活用した実証事業の事業者が決まりました


〇都は、西新宿に先端技術実証フィールドを構築し、5G活用サービスの実証を開始します
〇この度、スマートポールの面的設置及び5G活用サービスの事業者が決定しました

 都は「未来の東京」戦略において、西新宿エリアを「スマート東京」先行実施エリアと位置づけ、5Gと先端技術を活用したサービスの都市実装に向けて取り組んでいます。

 この取組の一環として、本年4月及び6月に募集を開始した「西新宿エリアにおけるスマートポールの面的設置、運用及び検証事業に係る協働事業者の募集」及び「5Gを含む先端技術を活用した西新宿エリアにおけるスマートシティサービス実証事業の募集」について、下記のとおり事業者が決定しました。

1 スマートポールの面的設置、運用及び検証事業

(1) 採択事業者

株式会社JTOWER
(東京電力パワーグリッド株式会社及び東日本電信電話株式会社との共同提案)

(2) 提案概要

スマートポールの付加価値増大の検証や収益性向上の取組を実施

(3) 今後のスケジュール

2021年8月:事業開始
2021年10月末以降:設置(10月末まで5基、12月末まで15基)及び検証開始

2 5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス実証事業

(1) 採択事業者 5者(五十音順)

株式会社NH研究所、株式会社JTOWER、シスコシステムズ合同会社、ジョルダン株式会社、株式会社ティアフォー

(2) 提案概要


(3) 今後のスケジュール

2021年8月:事業開始
2021年12月末頃:5G活用サービス実証開始

※二次募集を実施します。詳細はこちらをご覧ください。