進捗状況(2021年7~9月):内部管理事務抜本見直しプロジェクト


[ (1)契約・支出関連事務のデジタル化 / (2)契約・会計制度の見直し(3)総務事務センターへの事務の集約及びシステム処理の推進 ]

内部管理事務抜本見直しプロジェクトでは、契約・支出に関する新たなシステム構築、デジタル時代にふさわしい契約・会計制度への見直し、手当・旅費等の総務事務センターへの集約拡大、超過勤務命令・集計事務のシステム化等に取り組んでいます。

(1)契約・支出関連事務のデジタル化

進捗状況(2021年7~9月)

スケジュール

実施状況

  • これまでの検討内容を踏まえ、システムの全体像や機能配置を整理するとともに、契約及び支出関連事務のデジタル化の実現に向けた課題整理、解決に向けた方向性を整理のうえ、8月末に基本計画を策定しました。
  • 9月以降は基本計画に基づき、新システムに必要とされる性能や実装すべき機能などの定義を進めています。

今後の取組(2021年10~12月)

スケジュール 

取組予定

  • 10月以降も引き続き、次年度以降のシステムの設計・構築に向け、BPRを徹底した上で業務フローを作成するとともに、システム構成や必要な機能の具体化などを進め、今年度末までに要件定義を完了いたします。

(2)契約・会計制度の見直し

 現場の声や時代のニーズを検討の起点に、構造改革推進チーム、財務局、会計管理局からなるワーキンググループで制度や仕組みのあり方検討を進めていきます。

 必要に応じて法律改正に向けた国への要望を行うなど、デジタル時代にふさわしい契約・会計制度の実現を目指します。

進捗状況(2021年7~9月)

  • 契約・会計の実務担当者へのアンケートで多く挙げられた意見である、少額契約事務の効率化や資金前渡におけるクレジットカードの利用拡大などについて、ヒアリングにより実態を深堀りし、対応の方向性を検討
  • アジャイル型開発の実績のある民間企業へのヒアリングなどにより、具体的な実施方法を整理

今後の取組(2021年10~12月)

  • 少額契約事務の効率化に向けて、事務手順の見直しなどを引き続き検討
  • 資金前渡のキャッシュレス化に向けた実績等の調査を行うとともに、インターネット通販におけるクレジットカード利用について検討
  • アジャイル契約の試行案件(※)を年内に実施し、並行して効果を検証

 (※)DXの推進のため、システム開発・機能強化等の変更について、迅速・柔軟な開発を可能とする手法の試行を実施

(3)総務事務センターへの事務の集約及びシステム処理の推進

進捗状況(2021年7~9月)

〇総務事務センターへの事務の集約

・10月に予定されている扶養・住居手当事務の全局集約と旅費の集約対象局の拡大に向けて、庁内各所との最終的な調整など、準備を進めています。

◆扶養・住居手当事務の集約状況(全処理数におけるセンター集約割合) 約10%
◆日帰り確定払旅費事務の集約状況(同上) 約10%

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 人事部総務事務センター-1.png

超過勤務命令・集計事務のシステム化

・超過勤務命令・集計事務については、ユーザテストにより使いやすさの確認を行うとともに職員向け操作研修などにより習熟を図り、システム運用を開始しました。

◆超過勤務命令・集計事務のシステム化によるペーパーレス:約270,000枚/年 (推計)

今後の取組(2021年10~12月)

〇総務事務センターへの事務の集約

・10月に扶養・住居手当事務の全局集約を完了するとともに、旅費の集約対象局を拡大します。
・11月には、全局で財形貯蓄、iDeCo、自己啓発支援金に関する事務の集約を新たに開始します。

◆扶養・住居手当事務の集約状況(全処理数におけるセンター集約割合) 100%(全局集約予定)
◆日帰り確定払旅費事務の集約状況(同上) 約30%
◆財形貯蓄、iDeCo、自己啓発支援金に関する事務の集約状況 100%(全局集約予定)

〇システム処理の推進

・年末調整事務について、一部部署でのシステム運用を先行実施します。